鼓動が止まるその日まで

自堕落に断捨離してよろよろとワークアウトしている。

年賀状をやめてから、早10年以上

生きています。
上半身とバイクのみにメニューを減らしてジムも継続しています。

急遽、引っ越しをしていました。
準備から完了まで2日。
3日目には通常生活でした。

断捨離していて良かった、でも、こんなことの為にしていたんじゃない。

モヤモヤしながら、やっぱり家を買おうか迷いだしました。

師走は気忙しいらしいです。
追い詰められたように、年賀状や大掃除や料理に追われている方も多いのでしょう。

私にはトラブル引っ越しはあっても、それだけです。
四半期決算が厳しく、その後は連休が待っているいつもの12月。
ただし、大型連休は帰省しなくて良いので、家生活を満喫できるのが、変化。

年賀状はもう届きません。
ずっと前に勝手にやめましたから。
ズボラな人間には苦行で、そもそも帰省していて受け取りは会社初めになるので。

断捨離前から、人間関係だけは切っていました。
理由は私が超氷河期、失われた10年世代に新卒で正社員になったためです。
友人でそのような人間は(同じ都市では)ひとりもいませんでした。
社会情勢によって仕組まれた断絶は深く、私には乗り越えられませんでした。
親戚は実家の方でつながり、会社は会社だけでつながり、他にはつながりがありません。

寂しいと思われそうですが、私の許容力ではこれくらいが限界なのでした。
無理をしても苦しく破綻するだけです。

明日は、初めて年越しそばをお店で食べようかと計画しています。
年の瀬に初めての事にドキドキできるなんて、贅沢ですね。

膝が痛い、そういえば古傷があった

あらゆる筋肉痛が去った(ウソ、一部残っている)後、膝に違和感が残りました。

膝の違和感は、体力測定をしてもらった段階からあって、徐々に悪化した模様。
そして、思いだしたわけです。

ロコモで骨折したとき、膝も強打してたわ、と。
さらに、弟も膝悪いしな、と。

ちょっと怖いので調べたら、もっと怖くなったので病院行こうと思います。
運動経験がないのでこれがただの違和感で良いのかわからない。

問題なければ、下半身だけはスクワットに切り替えもありかな。

マネーフォワードを入れたよ

言わずと知れた、スマホ家計簿管理アプリ。

銀行口座やクレジットカード、交通系ICカード他POINTカードまで網羅してID・PWを連携して見える化してくれる便利なものです。

ずっと前から知ってはいたけれどセキュリティ面が不安で拒否していたのです。

そのくせ、最近は自分の総資産(たいした額でも無いのにな!)も毎月の収支もふんわりしか把握できていなくて。

中古マンション買おうとして、銀行融資の用紙に預貯金の額とか書くときもふんわり記入で辻褄が合わなくって。

 

もう駄目だ、文明の利器に頼ろう!と決意しました。

 

しっかし、怖いな〜コレ!

HUAWEIより怖いよ、全部の情報握られている感が!

 

とか言いつつ、ようやく全財産の総額を把握しました(思ってたとおり)。

溜まっていたPOINTも把握しました(知らなかった!WAONすごい)。

Amazon使いすぎを反省しました(つ、使っているぞかなり)。

証書しかない定期の満期を確認しようと思いました(関係ない)。

借金だけは無いはず(ご飯おごってもらった借りはある)。

 

これでも断捨離の第二弾で使っていなかった2口座と1カードは解約していたのに。

それでも、把握できなくなっているなんて、反省です。

残高0円の口座は解約しよう。

 

管理できることもあるけれど、水道料金は2ヶ月に一度なのが反映されないし、会社の交通費支給月もあるし、保険は年払いにしてるし、色々スマホの画面じゃできんのじゃい!というのも多かったです。

無料版だからかもしれないけれど。

現金払い分をレシート写してもなぁ(他のアプリの方が精度いいらしいし)。 

 

今後は「お金を使う心理的ハードルは現金が一番高い」というので、なるべくニコニコ現金払いします。

paypay祭りもLinePay祭りも無縁な方向で(絶対いらない物買うから)。

 

管理がうまくいったらアカウントを消す方向で考えているけれど、できるよね?(不安)

 

豆知識

  • ひとり暮らしの人は救急車に乗るとき保険証と現金大事
  • 大抵の病院にはATMあるけれど這っていくの大変
  • 病弱ならエンディングノートは必須

積み上げられていた物たち

f:id:cryout:20181215094515j:plain

汚部屋になるのは20代から30代の独身女性が圧倒的に多いそうです。
統計なんて無いでしょうし、清掃業者さんの体感でしかないと思います。
でも、わかる、納得する。

ゴミの分別ができない訳じゃない。
掃除してない訳じゃない。

でも、物の要不要を冷静に判断できなくなっていました。
私生活での優先順位が分からなくなっていた。

今考えるなら、

考える事が多すぎ、まず減らそう。
シンプルな部屋で思考を整理しよう。
いろんな物を大事にしようとして、自分自身をないがしろにしないで。

そう、声をかけたくなる。
モヤモヤしで疲弊した一年前の自分。

細かいことを言えば、なぜ床に手作りジャムが置いてあるんだ(置場所がなくて)、洗った寝具がなぜ椅子を占拠(しまう場所がなくて)とか。
結局、捨てまくって今ではヘルスメーター以外、ほぼ残っていません。
手作りジャムも食べずに廃棄しました。
パンを食べないから減らない、きれいに収納する余力は私のどこにもありませんでした。

今でも片付けきったとは言えないけれど、帰宅して見たくない部屋ではなくなりました。

だから、自分の為に優先順位をつけて、嫌いな運動をする決断もできた。

遅くても、やらないよりはまし。

f:id:cryout:20181215100318j:plain

今の部屋はこんなです。
センスは無くとも、機能は充分。
身の丈にあわせました。

でも、もう少し、片付けきりたいな。
まだまだイケル、そう思います。

運動経験ゼロからのジム通い、目標設定とか

運動を始めるにあたって、色々調べました。

結果、

運動部経験がなく、危機的に筋力が無い独身の40代女性というカテゴリーは無い。

と言うことがわかりました。

それでも、参考になりそうな一部をツギハギして、理解した事は

・週3回位の筋トレが効果的
・体重は目安程度に考える
・ストレッチは毎日しなきゃならないらしい
・タンパク質と糖質は運動前後一時間以内に取る
・幼少期の運動不足で筋肉の使い方が下手に
・何もしなければ毎年筋肉量は減る
・筋トレをしてついた筋肉は止めると落ちる
・怪我しないのが一番大事
・筋肉痛は諦めろ
・成果はどんなに早くても4ヶ月後

こんなところです。

春の大型連休位まで継続出来なければ、成果は実感として感じられない、と。

継続させるため、将来こうなってみたい!という理想像を考えてみます。

・病気が再発しない
・ロコモが治る、平らな所で転ばなくなる
・肩こりが治る、軽減される
・本を長時間読み続ける体力がつく
・睡眠の質が上がる
・体温が上がって、手足の冷えが改善
・手を使わなくても起き上がれる
・寝たきりにならない
・太ももじゃなく、ウエスト合わせで服が選べる
・洋服が似合う体型になる
・自分に自信がつく

後になるほどハードル高い。
最後の方は恥ずかしくて、もぞもぞしながら書いた。

何度か見直してモチベーションを維持したいな。

断捨離の記録

捨てたのはソファとコーヒーテーブル。

f:id:cryout:20181213020226j:plain

ちゃぶ台生活になりました。
テーブルが狭くて困っていたので、便利に。
ちゃぶ台は亡くなった祖母が使っていたもの。
座椅子替わりににフィットネス用品がジャストフィットしました。

あわせて、ガーデニングブログをアカウントごと削除。
長く記録していたけれど、役割を終えたので。
バルコニーの植物も徐々に整理して、少数精鋭にしていく段階になりました。
今後は耐寒性のあるものだけ、になる予定。

運動歴がない筋力不足な人間がジムに通うということ

体育で徹底的に自尊心を削られた過去もあり、自分が自分の意志で運動するなんて

超絶はずかしい

ここが一番の壁。

健康のため、命がかかっているんだから!なんて周りからは判らないし。
どうせなら、脚が細くスッキリしないかな、とか色気もでてくるし。

秘訣は無くて(健康診断の数値とか、理由付けができればチャンス)、エイヤっと腰を上げるしかない。

母からジム再開を勧められたのは二年前。
病気に怯えるまで動けなかった私が言うな、です。

しかも、緩んだ身体で、縁も所縁も無いスポーツウェアとか準備して、お金をかけて自分の身体を苛めるなんて、馬鹿じゃないか?とか冷静になったり。

トレーナーなんて、子供の頃から運動神経キレキレで、こっちの劣等感やコンプレックスにまるで無縁でいらっしゃる。

でも、ワークアウトしたいんです。
寝たきりになりたくないし、ロコモなんてとっくに危険域だし、肩こりでバッキバキで頭の重さを支えられていないし、整体院を一歩でたら骨の位置が戻るんですよ。

だから、恥を忍んで測定してもらい、メニューを作ったてもらい、ひたすらやるだけ。

教室やレッスンはやりません。
ナルシズムに溢れ、他人に興味が無いマッチョしかいないに違いないと、マシンにむかいます。

他人と比べる余裕がないだけですが、シンプルに肉体と向き合いたい。