鼓動が止まるその日まで

自堕落に断捨離してダイエットしている。

病気が再発するまで考え続ける

突然、断捨離を始めました

2018年の正月

のんびりネットを見ていて、うっかりたどり着いた汚部屋ブログ達

「うわ、うちはこれよりはマシ」
「虫とか生ゴミとかあり得ないよ」
「…この人、私より自分をちゃんと把握している」
「…こんな素敵な人でも汚部屋になるのか」



「うらやましい。私も部屋をキレイにしてみたい」



と最初から全部遡って読んで心境の変化がありました。
お布団の中で、よーし帰ったらあれから手をつけよう!とか考えてワクワク。

しかし、いわゆる毒親な母に

「あんたがそんなもの読んでできるわけ無いでしょ」

とかdisられて泣きたくなったな、あの時。

でも、一人暮らしの部屋に母はいません。
ちょうど、格安SIMにしたので家族間通話が有料になり声も届きません。

これは今考えると成功の要因でした。

1ヶ月以上、ひとりで部屋の「多すぎるモノ」と戦えました。

頑張りたくない、適当にすませたい、なんとなく断捨離を振り返っていきます。